医療レーザーの業務用脱毛機 種類と特徴

美容皮膚科などのクリニックで脱毛を受ける際は、通常医療レーザー脱毛が行われます。

業務用脱毛機は使用するレーザーの種類によって、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・YAGレーザーの大きく3種類に分けることができます。



クリニックによって導入されている業務用脱毛機は異なり、複数のタイプを導入して患者の肌質や毛質に合わせて使い分けているところもあります。

アレキサンドライトレーザーは日本人の肌にもっとも合っていると言われ、業務用脱毛機の中では最も普及しています。

脱毛だけでなく、シミや色素沈着の改善にも効果が期待できます。

アレキサンドライトレーザーを使用した機器は複数ありますが、中でもジェントルレーズがよく導入されています。
照射時に冷却ガスを噴射して肌を冷やすという特性があり、痛みが少ないと言われています。

ダイオードレーザーは、高い精度で波長の変更ができるため、幅広い肌質に対応しやすいのが特徴です。

ダイオードレーザーを使用した機器の中で、最近特に注目を集めているのがメディオスターです。

基本的に他のレーザー脱毛機が毛母細胞を破壊するものであるのに対し、これは発毛に深く関わるバルジ領域にダメージを与えることで発毛を抑制します。

高熱ではなく低めの熱をじわりじわりと溜める方式のため、痛みが少なく日焼け肌でも照射可能というメリットがあります。



YAGレーザーは3種類のレーザータイプの中でもっとも波長が長く、肌の奥深くまで届きます。

そのため肌表面に影響を与えにくく、多少色が黒い人でも使用できます。
照射範囲が小さい、痛みが強いなどのデメリットがあります。